ここまでしてほしい中古車の判断

バナー

ここまでしてほしい中古車の判断

中古車といっても安い値段ではありませんので、安心したものを購入したいはずです。
また中古であるがゆえに壊れにくく、丈夫な車を購入した気持ちを誰もが持っていますので、たとえ販売店が嫌な顔をしても行ってほしいことがいくつかあります。



後悔しないための判断になりますので、できる限りして勇気を持って対応してほしいです。



まず定例点検整備記録が保管されているのかを確認をとるようにしてください。車を所有している人であれば、ダッシュボードなどに車検票と一緒に保管していることが多いものですが、これがないというのは何かを隠したがっていることを疑うレベルになります。

この記録はメンテナンスや、走行距離の情報が記載されている貴重な記録簿です。ないと言った場合は、メーターを戻したり修復履歴を隠している可能性がありますので、そのような中古車は避けるようにしましょう。

また営業マンに頼んでエンジンルームを見せてもらうのも必要です。

車に詳しくないのでこんなところを見てもわからないと言った人も多いでしょうが、わからなくても判断できることがあります。

たとえばエンジンルームにあるボルトが他の塗装と違う場合、修復している可能性が高いです。塗装してある色が違う場合、その車を購入するのは避けるようにしましょう。

安全に、そして故障がしにくい中古車を購入することが重要ですので、これらの2点は大切な判断になります。



安全にそして乗り続けられる車を購入してください。